カードローンで借りたお金を遅延するとどうなる?

カードローンで借りたお金を遅延するとどうなる?

カードローンで借りたお金を遅延すると、遅延損害金を支払わないといけません。

これは借入をしたカードローン会社に対しての損害賠償となります。

遅延損害金は、借り入れた金額の最大で1・4倍ぐらいの金額を払わないといけません。

さらにそれでも遅延してしまうと、裁判所から督促状が届くという事態になってしまいます。

カードローンを組んでいると、遅延することだけは、絶対に避けなくてはいけません。

ポイントは以下の通りです。

・借入金額を収入に合わせて無理のない金額にする

・利子率が低いところにする

借入金額は収入をよく考えて、決めることが大切です。

一応、年収の3分の1までしか借り入れはできないとされていますが、収入が多いからといって返済の負担が小さいとは限りません。

だから借入するときによく考えるようにしましょう。

さらに返済でネックになるのは、意外にも利子です。

利子率については、カードローン会社によっても違いますし、利子を払うだけで手一杯とならないように注意してください。

カードローンについて