グレーゾーン金利

グレーゾーン金利ってどういう意味?

グレーゾーン金利は、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利のことです。

悪徳の貸金業者が使う手口で、よく金利について理解できていない消費者が陥りやすいことです。

・利息制限法では、利率が15パーセントから20パーセント

・出資法の上限金利は、29.2%

このように法律ではきちんと決まっていますし、利息制限法と出資法の上限金利を重複させることはできません。

しかし、消費者金融などでは、25パーセントという金利を提示してくる場合もあります。

このグレーゾーン金利は、民事法としては無効になるので、応じる必要はありません。

むしろ利息制限法では、利率が15パーセントから20パーセント、出資法の上限金利は、29.2%以外を提示されれば、そのカードローン会社と契約することはしないことです。

さらにグレーゾーン金利に気がついて、損害賠償をしたとしても刑事罰を科すことができません。

だから利用した消費者側が被害者ということになってしまいます。

グレーゾーン金利に気をつけるには、カードローン会社選びを慎重にすることです。

カードローンについて