年収の3分の1しか借りられなくなった?

年収の3分の1しか借りられなくなった?

年収の3分の1しか借りられなくなったというのは、本当です。

2010年の6月から貸金業法という法律の改正によって、カードローンであっても、年収の3分の1しか借りられなくなりました。

この法律の改正には、いろいろな背景があります。

・利用者側が多重債務に陥るケースの増加

・不況

利用者側が多重債務に陥るケースの増加は、利用者がカードローンを利用している場合でも起こります。

たとえば、買い物をしていて、使いすぎてしまって返済できなくなって、破産することです。

もちろんカードローンは、利用上限金額を決めてはいますが、債務を負うことには違いありません。

そして、不況の状況で生活に困って借入をする人も少なくないからです。

年収の3分の1しか借りられなくなったということで、返済の泥沼から法律が守ってくれ、ストップをかけてくれる意味合いがあります。

しかし、返済能力が臨機応変にもできるうえに、どうしても借りたいというときに利用できないというデメリットもあるのです。

カードローンについて